パダウン族

首が長い独特の女性の風俗で
世界的にも有名になった人々


 カレン族の亜種。一般的には「ロング・ネック」、または「首長族」の名前で知られている。
 メーホーン(グ)・ソーン県内に4集落。約10年前にミャンマーからタイ国内に移住。
 特徴は女性の首輪をはめた長い首で、幼児の時から首輪の数を増やし続けることによってこのような姿になる。最近の若い母親は、子供がかわいそうだと、この風習に従わないものもいる。
 女性の服装はカレン族と同じように未婚女性は白の貫頭衣だが、ワンピースではなく短い。下には巻きスカートをはく。頭には色とりどりのスカーフ状の布をかぶる。腕、膝などに真鍮の輪を装飾品としてつける




(C)marugoto(THAILAND) Co.,ltd.